トップ

幸せな生活とはなにか

生活の役立つ知識

生活

生活の中で保険の存在は

ドラマや映画のように、波瀾万丈の人生を送りたいと考える人もいますが、実際の生活は平凡なことが一番幸せです。その中でも、色々な出来事があり急な家族の病気やケガなど平凡な中でも起こるものです。そんな時に、安心して病気やケガに専念するために保険があります。何もないときは、無駄のように感じますがやはり生活の中では保険の重要になります。それは、先のことは誰も知ることができず、予想をすることもできません。ただ、不安に考えるよりも備えとしてあるだけで豊かな毎日を過ごすことができます。転ばぬ先の杖としての存在です。

保険の見直しは必要か

子供がいる間は親が病気や死亡すればたちまち生活に困るので、世帯主の死亡保証金は高いほうがいいです。2000万~3000万円し、入院給付金や通院保証もあるほうがいいです。子供はよく怪我をするので、傷害保険にも入っておけば、不意の事故やケガで通院しても安心です。しかし、保険の金額が生活を圧迫するようでは見直しも必要でしょう。特に子供の教育費が増大する高校、大学の時期が1番家計が大変です。貯金型のものを解約して、掛け捨てだけにしてもいいです。子供が社会人になれば、死亡保障の金額は200~300万円に減らしてもいいでしょう。その時期に合わせたプランにやり直すべきです。

幸せな生活の情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 幸せな生活とはなにか. All rights reserved.